Metamerism Art 2016

Result
メタメリズムアートのための基礎技術を完成させた.混光光源1を照射したときに混合塗料1と混合塗料2が同じ色と知覚されるようにする.さらに,混光光源2を照射したときに混合塗料1と混合塗料2が異なる色として知覚されるようにする.そのとき,混光光源1と混光光源2が同じ色として知覚されるようにする.LEDを混光したときの混合モデルとして加法混色モデルを利用した.油絵の具を混合したときの混合モデルとして減法混色モデルを利用した.LEDのマルチスペクトルデータベースの重みと油絵の具のマルチスペクトルデータベースの重みを自動的に計算するアルゴリズムを提案し,メタメリズムを実現するためのLED球の個数と絵の具の混合割合を自動的に算出した.

Tweet


サンプルデータ


メタメリズム生起のための光源色・物体色の同時最適化
宮崎 大輔, 中根 郁実, 古川 亮, 日浦 慎作
質感のつどい 公開フォーラム
article no. 2, 2016/11/30 (2016/11/30)
千葉大学 西千葉キャンパス (千葉県千葉市)
http://www.shitsukan.jp/tsudoi/event/28.html
Paper: None, Presentation: Japanese
ポスター発表
メタメリズム生起のための光源色・物体色の同時最適化
宮崎 大輔, 中根 郁実, 古川 亮, 日浦 慎作
研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)
vol. 2016-CVIM-204, no. 13, pp. 1-8, 2016/11/09 (2016/11/09-11/10)
九州大学 医学部百年講堂 (福岡県福岡)
http://cvim.ipsj.or.jp/index.php?id=cvim204p
Paper: Japanese, Presentation: Japanese
テーマセッション2, ポスターセッション
http://id.nii.ac.jp/1001/00175388/
メタメリズム生起のための光源色・物体色の同時最適化
中根 郁実
卒業論文
広島市立大学
2016/3
Paper: Japanese, Presentation: Japanese

Publicationページにもどる